自由な発想はどこから生まれるの?

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 12:15

できるといいな、山手線に代わるネオ平成時代の新路線!!「山手メトロポリタンループライン」

いえいえ、今巷でリツイートされまくっている創作路線図のことです。

 

創作路線図は、山手線30番目の新駅“高輪ゲートウェイ”の名称発表に端を発します。どうやら、この駅名に対する世間の評判が芳しくありません。山手線初のカタカナ交じりの駅名に違和感を感じるというのがその理由です。早くも駅名撤回の署名活動まで始まっているのだとか。『公募では130位だった“高輪ゲートウェイ”が採用されるのは応募者に対する背信行為だ。』というのが署名活動を始めた方の主張らしい。JR東日本が進める駅周辺の一体再開発事業の名称と相まって、“ゲートウェイ”という名称ありきの公募だったのでは、との憶測も飛び交っています。

 

駅名撤回運動をされている方々の言い分について、私も一定の理解はできます。しかしながら、駅名の是非よりも、プッと吹き出しながら感心させられたのが冒頭の「山手メトロポリタンループライン」の発想力です。

 

この創作路線図を考案したのは、友人との待ち合わせ中に暇つぶしとして考えたという大学生です。『他の山手線の駅名もカタカナ交じりになれば“高輪ゲートウェイ”という駅名に違和感がなくなるのではないか。』と彼は思い立ち、山手線29駅の名称をカタカナ交じりに変更しました。

 

創作駅名の内、私がフフッと笑ってしまったものをご紹介しましょう。“五反田セクシュアルプレイス”…西口を怪しく照らすあのネオンですね。ちなみに、東口は、池田山に鎮座する清泉女子大学と美智子妃殿下のご生家もあられた超高級住宅街が広がっています。五反田住民の名誉のために“五反田元祖ヒルズ”との駅名もありかもしれません。“巣鴨グランドマザーズ”…トゲ抜くおじいちゃんじゃなかったのね。“目白インペリアルカレッジ”…私は庶民として通いました。採用いただき光栄です!

 

日々報道される出来事やニュースには世間から是々非々の議論が巻き起こるものです。昨今は、SNSを介して誰もが気軽に主張できるようになりましたから、注目された話題はあっという間に議論の餌食になります。しかし、是とする意見と非とする意見の衝突が交わることはありません。それは、両者の意見の根底にある前提が異なるからです。

 

今回の駅名騒動について、非とする意見の前提は、『東京を代表する街を駆け抜ける山手線なんだから、安直なカタカナ語を使うべきではない。“高輪”や“芝浦”といった伝統的な地名を使うべきだ。』というところでしょうか。こうした前提は一理あると思いますが、一つの前提にこだわってしまうと新境地に踏み出せなくなってしまう弊害があります。仮に“ゲートウェイ”の違和感を取り除き、受け入れる立場をとるのならば、前提を変えてみることで新しい景色が開けるものです。

 

そういう意味で「山手メトロポリタンループライン」を思いついた大学生の発想は柔軟で面白いものです。この大学生は、小学生の頃からホームページのデザインを手掛けたり、最近では学園祭の実行委員を務めていたりするなど、常日頃からクリエイティブな発想(本人曰く妄想)を楽しんでいるそうです。これからもこの若者は、今までになかった楽しいことや新しいことを仕掛けていくことでしょう。

 

事態が膠着すること・自分の考えが親や友人の考えと折り合わないこと・解決策が見い出せないことは、誰でも経験するものです。そんな時は、自らのものの見方や考えの前提となるものを明らかにして、その前提に矛盾や誤りがないかを疑ってみることです。そうすることで、新たな視点や打開策が生まれます。小論文が苦手な人は、ありきたりで求められた正解をなぞるのではなく、前提を疑うことで発想の引き出しを増やしてみてはいかがでしょうか。

 

コメント
コメントする